催眠

催眠エロゲのややこしいジャンル全てを一つ一つ徹底的に解説

催眠エロゲのややこしいジャンル全てを一つ一つ徹底的に解説
催眠エロゲのややこしいジャンル全てを一つ一つ徹底的に解説
催眠モノの作品って色々あるけど
なんかシチュエーションが多すぎる……
誰かに分かりやすくまとめてほしい

こんな悩みを解決するため、催眠Hのジャンルを10個に分類し、各ジャンルについて一つ一つ解説していきます

なので、催眠モノに興味がある人や催眠モノ作品を作る際の参考が欲しい人にオススメの記事になっています

また、本ブログの催眠エロゲのレビュー記事はこの10個のジャンルを元に円グラフを用意しているので、一目でどんな催眠エロゲなのか分かるようになっています

ページ下部に催眠関連の記事をまとめているので良い催眠エロゲを探しているのであれば、読んでみてください

はじめに:催眠の種類は豊富

催眠分類まとめ 思考・記憶 最終2
催眠分類まとめ 感覚・認識 最終3
催眠分類まとめ 身体操作 最終2
催眠分類まとめ 各状態の期間 最終2

はじめに、催眠のシチュエーションは非常に豊富です

今回の記事を書く際に、催眠で行うことができるシチュエーションをまとめたのが上記4画像ですが、見てわかるようにかなりジャンルが細かいです

これは、催眠というジャンルが人を操るという部分で応用力の高く、ファンタジーや現実世界のどちらにも取り入れやすいこともあり様々なシチュエーションが増えていったのだと思います

私は催眠シチュエーションは大好きなので、これからもどんどん催眠モノが増えていって欲しいとおもっています

ですが、種類が増えれば問題もでてきます。それは求めている催眠モノのエロゲを手に入れられない点です

当たり前ですが催眠好きといっても人によってお気に入りのシチュエーションは違います

常識改変が大好きな人や、身体を操る催眠が大好きな人もいます。しかし、現状では常識改変も身体を操る催眠のどちらも同じ催眠エロゲになります

そのため、身体を操る催眠が大好きな人が誤って常識改変がメインの作品を購入してしまう悲しいことが起きてしまいます

そんな人が少しでも減ればいいように催眠ジャンルを10個に分類分けしました

10個の催眠ジャンル

というわけで催眠モノの中でも特徴的なジャンルを分類した結果、以下の10種類にまとまりました

  • 導入・操り人形
  • 退行
  • 動物化
  • 人格改変
  • 発情化
  • 常識改変
  • 誤認
  • 停止
  • 透明化
  • 肉体操作

項目名だけでわかるように名称は注意したつもりですが人によっては想像できないシーンもあると思います

なので、以降の章では項目名とそれに対応する各シチュエーションの紹介をしていきます

導入・操り人形

1個目のジャンルは導入・操り人形です

催眠をかける際の定番のシチュエーションで意識が虚ろになって、どのような命令にも従う操り人形になります

暗示を仕込むことが多いですが、この操り人形の状態のままHシーンなども行う時もあります

人間味のないボーっとした声やハイライトのない瞳で従順に命令を復唱し、従っている様子はまさに催眠で女の子を操っているといった感じでこれが好きで催眠モノのエロゲを購入している人も多いのではないでしょうか

ちなみに、本ブログでは催眠導入と操り人形状態でのHシーンをまとめて導入・操り人形のジャンルとして分類しています

厳密にいうと、操り人形状態は従順な人格に変化させているため人格改変のジャンルになりますが、あえて別ジャンルとして分類しています

というのも、この操り人形シーンは催眠モノでは頻繫に出てくるため、人格改変に含んでしまうと淫乱化や反転などの人格改変ならではのHシーンを求めている人が分かりにくくなるためです

なので、瞳のハイライトがない虚ろな状態は全て催眠・操り人形のジャンルと思っていただいて大丈夫です

退行

2個目のジャンルは退行催眠です

相手の大人であった時の記憶を消すことで幼女や学生だと思い込ませ、精神のみを若返らせる催眠です

普段は落ち着いた大人である人物が性知識を一切持っていない幼い精神になっているにも関わらず身体は成熟しているという、独特なHシーンを体験できます

退行催眠は赤ちゃんプレイのようなシーンが多いですが会社員や教師である人を学生の頃の記憶に戻すことで年上の相手を同年代と認識させるといったプレイなどもあります

動物化

3個目のジャンルは動物化です

自分を完全に動物だと思い込ませるプレイから意識はそのままで語尾に「ニャン」を強制させるような動物っぽくさせるようなものもあり意外とバリエーションがある催眠の一つです

お前は動物なのだから服は不要といった流れになることが多いので露出調教モノと相性がよい催眠でもあります

総じて、首輪プレイからのお散歩などや全裸Hが大好きな人に人気の催眠です

人格改変

4個目のジャンルは本来の人格とは全く別の人格に変化させる人格改変です

普段の様子と違う性格やどんな命令にも従順な自分に都合のいい人格に変化させる催眠です

具体的な例としてはHなことを知らない箱入りお嬢様をHが大好きな娼婦のような性格にさせたり、強気で反抗的な女性を臆病で大人しい性格に変化させたりします

他にも性格だけではなくメイドや奴隷といった催眠をかけた相手の立場を変化させ、なりきり・コスプレプレイなどを楽しむこともできます

そういったことから、普段と雰囲気の違うギャップ萌えなどが大好きな人に好まれる催眠です

発情化

5個目のジャンルは身体がうずいてHなことがしたくてたまらなくなる発情化です

機械や媚薬、モンスターの体液などからも発生し、急に気持ちよくなってしまった身体に戸惑いつつもイってしまう姿をみれる発情化は催眠好き以外にも非常に人気なシチュエーションですが催眠を用いた発情化はそれ以外にも、また違った楽しみ方もできます

というのも催眠での発情化は後催眠などで場所などの制限がないため授業中や運動中などの発情してはいけないタイミングで発情させることができます

Hがしたくてたまらない!でも、授業中だからイってはいけない……そんな風に必死に快楽に悶える姿は催眠以外だと難しいシチュエーションです

こういった日常生活にHシーンを埋め込めるのも催眠の素晴らしいポイントです

常識改変

6個目のジャンルは催眠モノでもポピュラーな常識改変です

○○するのは当たり前、○○をするときは○○しなければならないといった様々なルールや常識を植え付ける催眠です

色々な条件をつけれることから非常に応用力が高く男の人の部屋に入ったら服を脱がなければならない、寝る前に必ず自撮りしながらオナニーして動画を送るといった普通では考えられない行動をさせることができます

また、SEXすることは日常会話と同じといった改変をすることでSEXしながら会話をするといったシーンも常識改変ならではでしょう

対象が恥ずかしいことと自覚しているかによっても種類があり、一切恥ずかしがらずSEXするシーンもあれば、恥ずかしいけど皆が当たり前にやっていることだからと我慢しながらHをするといったものもあります

総じて、普段の生活の流れにHなルールが追加される形が多くもしもこんなルールがあったら最高だなといった妄想を形にできる催眠になります

誤認

7個目のジャンルは対象を別のものとして認識させたり、幻覚などを見せる誤認催眠です

現在いる場所を誰もいないお風呂場だと認識させて入浴シーンを視姦したり、催眠をかけた人間の付き合っている恋人と勘違いさせてHをしたりします

誤認という特性上、女の子が抵抗が少ない催眠であるため調教やより深い催眠などをかけやすく、NTRや洗脳関連と非常に相性が良い催眠でもあります

ちなみに、それほど頻繫に出てくるわけではないですが本ブログでは幻覚や感覚共有なども誤認として扱っています

例を挙げるなら、膣に入れられてないのに挿入されている感覚を与えたり手がクリトリスと同じ感覚になるといったHシーンなども誤認として扱います

最後の例のように応用や組み合わせによって様々なシチュエーションをつくれるので肉体操作とは違った観点で女の子を支配したい人や催眠ならではのマニアックなHシーンを求める人に人気の催眠です

停止

8個目のジャンルは相手の身体を硬直させ、一切の身動きを取らせなくさせる催眠です

意識がある状態とない状態の二つのパターンがあり意識がある時は抵抗したくても何もできない女の子に好き放題おさわりして楽しみます

逆に意識がないときは疑似的な時間停止になるので、犯されていることすら気付くことができない女の子をおもちゃにして楽しむ催眠です

総じて、催眠をかけた本人が主体となるHシーンになるため竿役が積極的に女の子を攻めるプレイが好きな人に人気の催眠です

透明化

9個目のジャンルは催眠をかけた人物やモノなどを認識できなくさせることで疑似的に自分自身を透明化させる催眠です

Hをされても認識できなかったり、都合よく解釈させるため日常的な行動を行っている女の子がイってしまうけれどなぜ、イったのか分からない、そもそもイッたことにすら気づけないといったプレイなどがあります

また、自分だけでなく、犯している女の子自身も透明化させることで助けを求めてもだれも助けてくれないといったプレイなどもできるためメインからアクセント的な部分までこなせる催眠でもあります

肉体操作

10個目のジャンルは常識改変と同じくらい人気のある催眠の一つで催眠をかけた人物の意思を無視して自由に操る催眠です

無意識と意識ありで結構雰囲気が変わる催眠でもあります

無意識の状態の例では「あんた、何言ってるの?スカートをたくし上げるわけないでしょ!」といいながら自分がスカートをたくし上げているといった勝ち誇った顔で操られているといった状況を楽しめます

逆に意識がある状態だと抵抗したくても勝手に奉仕してしまう悔しそうな女の子を見れます

場合によっては、口すらも操って抵抗たい女の子みずから「おちんちんを入れてください」といったおねだりをさせることもあります

総じて、女の子を好き勝手に操ることができるため支配欲を満たしたい人が大好きなジャンルです

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回はややこしい催眠のシチュエーションをまとめるため10個のジャンルに分けてそれぞれを解説しました。少しでも皆さんのエロゲ選びの参考になれば幸いです

最後に宣伝です。本サイトはこのように私の大好きな作品やエロゲ情報を紹介していくサイトです

最新の更新情報はモノちゃんのtwitterにて公開しております

最新のブログ情報を得ることができますし、私のモチベーションが爆上がりして更新頻度も上がるはずなので、良い記事だと思ったらフォローよろしくお願いします

最後まで読んでいただきありがとうございました!

R18 当サイトは18歳未満の閲覧はお断りしてます